事業内容

Home >事業内容 

日本興新株式会社は「人間尊重、生活尊重の住まいと環境の創生」をコンセプトに、民間主導による「土地区画整理事業」や物流事業用地の取りまとめから造成・登記までを手掛ける「物流事業」、暮らす人のライフプランを尊重し快適な生活空間を提案する「分譲事業」を行っています。 「まちづくりを通じての社会貢献」を使命とし、自己資本率50%の「健全経営」を目指しています。

区画整理事業

民間主導による「区画整理」のすすめ

区画整理事業は公共的な意味合いが強く、単独の開発事業に比べると、行政との調整に時間がかかります。 そのため、20年~30年、場合によっては50年近くかかるものもあり、世の中のニーズに合わない場合もあります。 また、事業費も莫大にかかり全体的なコストアップにつながります。 この区画整理事業を民間で行うことによってコストバランスのとれた区画整理が短期間で行うことが出来ます。これが最大のメリットです。(当社施工上尾市平塚の区画整理はわずか1年足らずにて完了しております。)

実績

上尾市平塚の区画整理事業の実績はこちら

 

物流事業

物流のディベロッパーを目指して

最近における物資の流通をめぐる経済的社会的事情の変化に伴い、我が国産業の国際競争力の強化、消費者の需要の高度化及び多様化への対応並びに物資の流通に伴う環境への負荷(特にCO2)の低減を図ることの重要性が増大している。流通業務の総合化及び効率化の促進を図る「物流総合効率化法」が制定されました。

国内物流については、ロジスティックス(倉庫)部分に転換している傾向があります。 特に、中堅以上の物流企業様はロジスティックス事業を核に展開し始めています。 そういった意味で物流企業にとって、国内物流のコストダウン、輸配送のサービスアップ、情報戦略が課題となります。 荷主に対して情報をどう提供していくか、どんな情報をもらって効率化していくのかなど、情報のレベルアップを図る必要があります。 物流事業での集約拠点整備の必要性は増し、広大敷地の需要は拡大しております。 物流事業者が自ら建設用広大敷地のまとめ、関連法をクリアして事業許可を取得完成まで自ら行うことはリスクも大きい。 弊社はそのリスクを吸収し、物流事業用地の立地完成までをサポートする事業も展開致します。

実績

物流事業の実績はこちら

 

分譲事業

「この街が好きだから」そんな街づくり・家造りが私たちのコンセプトです。

人と人との暮らし、家族と関わる暮らし、そして私の暮らし豊かな環境から生まれる豊かな生活。 敷地の環境を活かし、土地の有効利用を計り生涯住宅として家族計画・生活様式の変化に伴う先の展望をプランニング。 街並み形勢に貢献し、子孫の代まで住まいが街の財産となりうる環境を提案します。

実績

新築分譲住宅 DARWIN Design&Constructionの実績はこちら